兵庫大木剪定

  • ご依頼の流れ
  • お問い合わせ

大きな木の剪定について

剪定をしたほうがいい場合

  • 枝が隣地に越境しているとき。
  • 電線や電話線に枝があたるとき。
  • 枝がこみすぎて陽射しが遮られているとき。
  • 枯れた枝が時々落ちてくるとき。

大木の剪定時期について

越境による強剪定について

  • 落葉樹の強剪定は落葉して休眠している冬季に行うことで樹木への負担を減らすことができます。
  • 常緑広葉樹の強剪定は休眠期間も無く寒さに弱い樹種が多いので冬季に行うと樹木への負担がかかり枯れることがあるため、暖かくなる春以降に剪定作業します。
  • 針葉樹の強剪定は一度に伐り戻すと時期を問わず枯れることがあるため数年かけて剪定作業します。